SEO対策

SEO対策イメージ画像 SEO

SEO対策インターネットビジネスでは欠かせない作業です

インターネットビジネスで欠かせないのが、SEO対策です。

検索エンジン最適化をあなたのサイトに施すことで、多くの顧客の目にあなたのサイトが届き、知ってもらえる様に工夫します。

グーグルが、世界のサイトを検索するロボット巡回にあなたのサイトを見つけてもらって、グーグル検索に表示させるためのその巡回に応える作業の事、だと言えばわかりやすいでしょう。

それには、やるべき事といけない事があります。

やるべき事で必要なのが・・・、

・ キーワードの最適化・・・・・コンテンツの有効化参照

・ コンテンツの充実・・・・・・文章表現を磨く

・ リンクの最適化・・・・・・・内部リンク・被リンク

が一般的には言われている内容になります。

イケない事はグーグルが推奨しない内容のことを指します。

それが一番わかりやすいのが、アップデートです。

コアアルゴリズムアップデートと言われています。

有名なところでは、パンダアップデート・ペンギンアップデート・健康アップデート(YMYL)などがあります。

他には喫煙関連・飲酒関連・風俗関連などもあげらそうです。

SEO対策には、アナリティクスとサーチコンソールが必要

グーグルサイドからSEO対策に対する便利なサイトが、公開されています。

アナリティクスとサーチコンソールです。

是非、登録しましょう。

始めの内は何がなんやら余りにも専門的な内容の様に見えますが、日々の学習の積算でいずれ修得できるようになるでしょう。

それは、あなたの起業に対するベクトルの大小に比例して時間と経験が解決する問題ですので、それぞれのスタンスで学習するのが最適です。

グーグルアナリティクス登録窓口
グーグルアナリティクス
アナリティクスは登録すれば、あなたのサイトの分析をしてくれます。

SEO対策的に分析してくれます。

提案もしてくれます。

その内容は当初は分かりづらい内容ですが、先に述べた通り、それぞれのスタンスで学習出来ます。

毎日チェックする様になる頃には、活用方法も身について、SEO対策の解決手段の一つを手に入れる事が出来ます。

一部を解説しますと、セッション、直帰率、継続時間、ユーザーの獲得方法、アクティブユーザーの動向や維持率・・・etc.

主にあなたのサイトに流入してきた情報を基にして、分析された内容が表示されます。

それらの資料はあなたのサイトの向上に大きく貢献してくれます。

簡単に言えば義務教育の算数から数学になって広義的にあなたのサイトを分析するグッズと、とらえればわかりやすいかもしれません。

定説的から定量・定数的に分析する。

手加減や匙加減が出来るようになる、という事でしょう。

次に、サーチコンソールにも登録するという件です。

世間ではサチコとも言われるくらいに、アフィリエイターでは活用されています。

サーチコンソール
サーチコンソール
サーチコンソールは主に、あなたのサイト自身の構造を分析してくれる道具、と考えればわかりやすいでしょう。

効果的なリンクとか、グーグルのクローラーが機能しているかどうかなどに関する資料を、提供してくれます。

グーグルから提供される以上の二つの武器は、リンクさせて活用されます。

ドメインを取得してWPでHPを立ち上げる場合は、両方とも必須なツールです。

その活用方法は、インターネットビジネスが初めてなら、まだ気にする必要はありません。

無料ブログでアフィリエイトの収益が発生して、本腰を入れてのビジネスに差し掛かる頃、以上のツールは強い武器になります。

ボチボチでもいいので、リサーチする事をお勧めします。

グーグル検索のアップデート

パンダアップデート・ペンギンアップデート・健康アップデート(YMYL)の意味。

グーグルは何故、アップデートするのか?

それは、

・検索を活用するユーザーに正確に応えるための作業だから。

・他社の検索機能との企業競争でグーグルが、より多くのユーザーを獲得したいから。

主にそれらの理由で、アップデートされました。

中でも代表的なアップデートでは、

2011年のパンダアップデート:コンテンツの質を順位に反映する。

具体的には、ユーザーにとって有用ではないページとか、他サイトの情報をコピーしているページは、ランクが下がりました。

2012年のペンギンアップデート:不自然な被リンクの量は低評価されることがあります。

2013年のハミングバードアップデート:コンテンツの表示スピードの速さも評価されるようになりました。

2015年のモバイルアップデート:スマホでの表示がしっかりしているかどうかが上位表示に作用する様になりました。

2017年の日本語アップデート:EAT、専門・権威・信頼性が評価される様になりました。

E=Expertise・エクスペリティース(ズ)・・・・・・・ 専門性
A=Authoritativeness・オーソリティーテブネス・・・・ 権威性
T=Trustworthiness・トラストウォーシネス・・・・・・信頼性

2020年のYMYLアップデート:健康・医療・金融系の権威性を重視されるようになりました。

YMYL=Your Money Your Life(あなたの財産・健康・人生)

以上の様な点に留意して、コンテンツの質を向上させる工夫が必要になりました。

それらを確認するには、上位表示が経年で変化しているかどうかを検索してみる事が必要になってくるという事です。

概ね複数ページのサイトでは3~6ヶ月で、以上の件について無事合格していれば、徐々に向上するという事になります。

グーグル検索の技術は日進月歩で、改善されています。

もはやほとんどのユーザーは、グーグル検索を活用しているという印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました