PV×CTR×CVR

PV×CTR×CVR リサーチ

知っておきたいPV×CTR×CVR

さてさてシニアにとっては、ややこしそうなアルファベットの頭文字。

私たちは省略形が大好きです。

反面知らぬ省略形には、ついつい尻込みしてしまいます。

早速、これらの頭文字は、ビジネスの上で是非とも知っておきたい頭文字&方程式です。

PV=あなたのサイトに訪れた顧客の延べ人数です。

CTR=クリックスルーレート、あなたのアフィリエイトタグをクリックした人の数です。

CVR=コンバージョンレート、クリックした顧客の内、商品の購入に至った数です。

以上3つの顧客の行為の数が、あなたのビジネスの良きリサーリの参考になってくれます。

なので、とりあえずかじっておいて欲しい処です。

あなたのサイトの成長にはこれらの数字が、非常に貢献してくれることになります。

出だしの頃はあまり気にしなくても構いませんが、2年、3年とビジネスが成長していくにつれて、気にしたくなくても気になるキーワードになります。

関数イメージ

PV:ページビュー

当初はPVに的を絞る事になります。

一人でも多くの人がたくさん訪問してくれても嬉しいし、三度・四度と再訪してくれる顧客も嬉しい限りです。

特に後半の場合は、あなたのコンテンツのファンになってくれそうなイメージがします。

PVが大きくなればなる程、グーグル検索での上位表示に繋がって、ますますあなたのHPやブログの人気は上昇して、より多くのユーザーがあなたのサイトに訪れる事になります。

あなたの文章表現が気になって訪れてくれるユーザーに、感謝したくなる事でしょう。

ブログを書く手(キーボード操作)にも、ついつい力が入ろうというモノです。

PVの増加は、コンテンツ力が身についた一つの指標とも言えます。

あるいはSEO対策に成功している指標ともとれるでしょう。

適切なキーワードを選定して、ユーザーに訴求するコンテンツが仕上がっている一つの証だと受け取る事も出来ます。

CTR:Click Through Rate クリック率

クリックした人の数はPV同様、あなたのサイトについて色々な事実を、示唆しています。

この数値がPVと比較してあまりにも乖離していたら、コンテンツマッチに警戒しなければいけないかもしれません。

ここで、キーワードの持つ意味に多様性がある事も匂ってきます。

集客効果とか収益効果とか言った部分に目が向いてきます。

このサイトを訪れていただいているシニアな皆様もご存知な方もおられるでしょうが、リッチリザルトに関する件もCTRは大きな示唆を示してくれています。

リッチリザルト例

メタディスクリプションの内容にも言及する少々、細かい事なのでここでは割愛します。

比率イメージ

CVR:Conversion Rate 購入到達率

 

Wikipedia参照

ウィキペディアでは実績/訪問者という表現でCVRを解説しています。

この数値があなたのサイトで “0” でないのなら、売れた事を示しています。

PVと比較してこの数値が低いと感じたら、仮説を立ててみてテスト・チェックして見るのがいいかもしれません。

コンテンツを吟味したり、ココで言うコンテンツは文章だけではなくて、画像や動画も含まれています。

さらにデザインとかを既存のページ以外に別のページを作成してみて、比較検討するということが勧められています。

この程度の作業ともなりますと、かなり高度な作業といえるでしょう。

こんな作業を敢行しようとしているあなたは既に、立派な起業家なのかもしれません。

PV・CTR・CVRとアクセス数の関係

PVは(商標キーワード) (収益キーワード) (集客キーワード) の順番でアクセス数が推移します。

CTRは(商標キーワード) (収益キーワード) (集客キーワード) の順番でアクセス数が推移します。

CVRはメーカーや販売元のブランド力・信頼・認知度で左右されます。

なので、ブランド力の無いメーカーや販売店では、無料サンプルや無料期間・返済期間などで、信頼感や安心感をユーザーに訴求する事になります。

バナーの貼り位置やコンテンツを考える時、この辺りを抑えておいて、ユーザーの動線を考えながらトップアフィリエイターのコンテンツをリサーチして吟味しつつあなたのサイトに反映させましょう。

ちなみに、商標キーワードとは商品名+人気・メリット・クチコミ等々が挙げられます。

収益キーワードとは、商品のカテゴリ+おススメ・使用例・プレビュー等々が挙げられます。

集客キーワードとは、商品のカテゴリ+ 意味ない・やり方・価値等々が挙げられます。

上述の分類は、一例です。

それぞれのキーワードへのアプローチは、TPOで解釈も変わるでしょう。

その辺りのニュアンスをコンテンツで表現する研究と実践を通じて、ユーザーの動線を確立する事も、既存のトップアフィリエイターのコンテンツのリサーチが、大きなポイントになります。

その辺りを意識しながら、逐次学習して自分の血肉にするという、泥臭いプロセスが結局近道になります。

二番煎じでも抽象的な部分で吟味・消化して、具体的には形を変えて、個性をふりかけてコンテンツに工夫を施して、あなたのサイトだけに訪れてくれるフォロワーを確保する様なイメージです。

あとは事あるごとにインターネットビジネスへの興味を失うことなく、日々思索し続ける行動がヒラメキを通じて収入の流れを少しずつ進めてくれることに期待します。

何となく無責任な言い回しになりますが、重要なのは常日頃の思索で、長期的な問題への取り組みを厭わない行動を養う事が何より大切だという事になります。

若者の特権とでもいえる、根拠のない自信にも似ている発想になりますが、若い世代のトップアフィリエイターの皆様には、それらのエネルギーを燃やして、収入の流れを構築しています。

その様な回答を忌憚なく説明しているサイトもあったりします。

そのストーリーを語っている皆様もいます。

その様な彼らは、決して高学歴でもなく、逆にドロップアウト的な過去から頑張って、信じて這いあがってきた印象のバックボーンが共通しています。

学校の授業の様な、解答はありません。

経済学者が株を買っても必ず収益を得られるとは限らない現実と、重なるようなイメージです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました