コンテンツ

スポンサーリンク
コンテンツ

テキストファイル(HTML)

HTML テキストファイルって何なのか?それは書きたい文章の前後をタグでくくって、PCの画面上に体裁よくデザインするための構文です。多少の知識さへあればシニアでもインターネットでのビジネスや趣味が楽しめます。知るべき基礎知識を解説しています。
コンテンツ

記事のスタイル

HP(ホームページ)やブログが、Googleの検索で俎上に上って評価を受けるまで、日数がかかります。文字数も評価されます。内容も評価されます。要はユーザーへの回答が滞りなく伝わっているかがポイントになります。SEO対策に対応して作業します。
コンテンツ

コンテンツの有効化

コンテンツの有効化。ここではSEO対策を抑えて、ターゲットのユーザーに訴求するコンテンツを目指すことを、コンテンツの有効化と捉えてお話させていただいています。検索で上位表示を目指して、ユーザーに情報提供できるコンテンツを目指します。
コンテンツ

内部リンク

内部リンクはSEO対策の一つのかなめ。ページ同士をリンクでつないで、ユーザーの利便性を図りサイトの理解度を深めてもらって、サイトの質の向上を目指します。簡単に言えば、リアルな書籍の目次や索引、しおりの様な役目を果たしてくれるとも言えます。
コンテンツ

文章表現を磨く

ホームページやブログを立ち上げて、アフィリエイトで資産構築。重要なのはコンテンツ。そのアイデアや書き方などを手に入れましょう。そのために記事を毎日、更新。今、アフィリエイトで活躍しいる先輩のリサーチで、稼いでいるコツを掴むのも一つの方法です。
コンテンツ

ユーチューブ

ユーチューブ YouTubeを観るから、見せる側へ。ユーチューバーデビュー。スマホと固定スタンドを用意すれば、出来てしまう。SNSに投稿する様にユーチューバーに参加できます。TVのアニメの様な動画やトーキーの紙芝居の様なスタイルも可能です。
コンテンツ

コンテンツ|毎日更新ブログ作成の一例

ブログの始め方の一例です。日記という記事収集に悩まない"検索"して情報を提供する手法の一つです。他力を借りて自力のコンテンツで、自分の意見を書く事が出来れば、個性的なブログを書く事が出来そうです。使えるグッズを検索して記事にする方法です。
コンテンツ

コンテンツ|読んでもらえる文章を探る

読ませるコンテンツ これが楽々出来る(書ける)のなら、苦労はしません。 とはいえアフィリエイターの皆様は、そのコンテンツで生計を立てています。 その様な皆様は何も文学に造詣が深いとか、文章を書く事に馴れている方々ばかりでは無く...
コンテンツ

ブログ|記事 の考え方

シニアのインターネットビジネスデビューで手始めになるのが、ブログの立ち上げと、いかにして書きたい文章とビジネスをマッチさせるかになります。それにはアフィリエイトでカナが得られているブログのスタイルを知れば、一つの入り口が見えてきます。
コンテンツ

サイト

サイトには一つのドメインで数種の使用方法があります。ペラサイトは1ページで記事を書き終えるスタイル。複数ページを展開する方法も、サブドメインを活用するかディレクトリで分類する方法があります。以上の様な手法を駆使して、ユーザーに訴求して行きます
コンテンツ

ブレインダンプとロングテール

コンテンツのライティングで、よく言われているブレインダンプとインターネットビジネスで言われているロングテールについての個人的見解です。成功を収めているアフィリエイターの皆様が心掛けているロングテールとブレインダンプについての一つの発想です。
コンテンツ

キーワード | ボリュームアップを期待する作業方法

シニアパソコンビジネスで避けて通れないキーワード選定。中でもSEOを意識すれば、キーワードプランナーやグッドキーワードの活用が必要になります。これらのネット上の参考を武器にして一つの手段として、ユーザーやグーグル検索で上位表示を目指します。
コンテンツ

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは19世紀後半頃、米国で生まれた、マーケット戦略法の一つの発想です。最近では英国のSmart Insights 社が有名です。ここではSmart Insights 社のテンプレートを参考にダイジェストで説明します。
コンテンツ

画像で検索上位表示

SEO対策の画像活用。画像もSEO対策に貢献しくれます。タグを活用して、画像や写真でサイトの上位表示を狙います。グーグル検索では~に関する画像、イラストでキーワードに引っ掛かる画像が表示される場合があります。画像もSEO対策に活用しましょう。
コンテンツ

複数ページサイト作成の考え方

アフィリエイトサイトでも複数のページサイトでユーザーの満足感をキャッチ出来れば、再訪が期待できます。CMを待ち望んでいるTV視聴者はいないでしょう。ネット上でも同じです。CVRを達成するには複数ページで魅力を訴えます。その一つの手法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました