キーワードという考え方

SEO対策 SEO

検索されるキーワード

インターネットでは、ユーザーは目的をもって検索します。

何が知りたいのか、何を調べるのかを考えて、単語をタイプしたり、スマホに話しかけたりしています。

その単語や言葉はキーワードと言われて、検索頻度の高いキーワードは、ビジネスのネタの一つになっていて、ソコから収入が発生します。

具体的には、グーグル検索での上位表示という事になります。

誰かが何かを知りたくて、問題を解決したくてグーグルで調べます。

その検索窓から回答を知りたくてユーザーは、一番初めに表示されたサイトに最も高い確率で、訪れる事になります。

なので、そのユーザーが知りたいキーワードがあなたのサイトにあって、ユーザーがグーグルで検索して1ページ目の第1番に表示されていれば、最大のビジネスチャンスが訪れる事になります。

多くのユーザーから検索されるキーワードには、多くの競合でひしめき合っていて、上位表示されることに個人を始め業者が躍起になっています。

業者の上位表示への注力というのは、多くの専門家の手で上位表示のために日々研究、成果を上げる様頑張っておられます。

これに打ち勝つためには、同じ人工・賃金が必要になってきて、とても一個人でまかなえる時間も費用もありません。

なので、人気のあるキーワードには競合がひしめき合っていて結果、企業のホームページが幅を利かせています。

それらに打ち勝って上位表示するというのは、ほぼ不可能なチャレンジになります。

企業のサイトは上述のファクターに加えて、掲載時間の長いサイトでもあるので、コンテンツの量や質が非常に高くなっていて、グーグル検索にも当然高く評価されることになり、ほぼ不動の1ページ目の1番に表示されているからです。

グーグル検索は権威性や専門性、信頼性を吟味します。

なので、その点でかなりの努力が、要求されるワケです。

となるとあなたのホームページがもし企業と競合している場合、検索ページをかなりめくって(クリック)いかないと、中々発見してもらえない事にもなりかねません。

そこで有能なPCビジネスマンは知恵を絞って工夫をしています。

中でも代表的な上位表示作戦方法は、複合キーワードでホームページやブログをアピールするという発想です。

一つのキーワードでは表示してくれなくても、2単語、3単語となれば条件が限定されてその中で、上位表示されてそこで活躍するというカタチです。

競合する企業にはなくて、あなたにだけあるキーワードを探って、複合で上位表示させるという発想です。

上述以外にも様々な手法を駆使して、あなたが上位表示させたいキーワードを、コンテンツと有機的に連結させて、インターネットビジネスで収入の流れを構築して行きます。

こうツラツラと書いていくと、何やら面倒くさい感じもするでしょうが、この間隙をかいくぐって月々7~8桁の収益を上げている若い世代のアフィリエイターも沢山おられます。

つまり、創意工夫でインターネットビジネスは、あなたでも構築できるビジネスだと言えるというワケなのです。

とにかくキーワードの選定は、あなたのホームページやブログの上位表示に大きく関わって来ます。

なので慎重に選定しないといけません。

グーグルのロボットはあなたのホームページに訪れて、グーグル検索での表示順位を決めています。

それに対応して対策する事を、SEO対策と言います。

SEO対策はグーグルのアップデートやAIの導入で次々変わっています。

なので、上述は一つの対策方法であって、他にも色々と吟味していかなければならない事もあります。

そして時と共に対策方法自身も変わって行きます。

 

SEO対策

キーワード選定はSEO対策の一つ

SEO対策には基本的に3つの考え方が示されています。

1.外部リンク

2.内部リンク

3.Rank Brain(検索意図に沿ったコンテンツ)

以上に着目して、コンテンツを充実させていくという発想です。

外部リンクとは、あなたの一つのサイト以外のサイトが、あなたのそのサイトのURLを添付して、そのサイトからもあなたのサイトがユーザーに閲覧される状態になる事です。

早い話、あなたのサイトが他のサイトで紹介されている事になり、被リンクなどとも言われています。

近年、グーグル砲なるモノがあって、そこで紹介されると爆発的にアクセスが流入する事があります。

こうなるとまるで、宝くじにでも当選したような感覚になります。

次に、内部リンクとはあなたのサイト(ホームページやブログ)自身の中で、ユーザーが検索しやすいようにスムースに別のページに移行できる様にリンクする事をいいます。

リアルワールドで言えば、書籍に貼る付箋のイメージです。

付箋を貼って”この件は、ココでも述べています”というような印を設けてソコをクリックすれば、そのページに飛ぶようにすることを言います。

あるいは目次を作成して、各章や節の目次をクリックしたらそのページに移行する仕組みの事を言います。

SEO対策では必須の作業となっています。

最後にRank Brainの件。

AIの進歩で、グーグル検索はコンテンツを分析する力が向上して、検索クエリ(質問・意図)にマッチしたコンテンツになっているかを判断します。

以上の3つの事を念頭にSEO対策を施しながら、コンテンツを整えていくというワケです。

以上の事を克服していくには色々と考えさせられます。

例えば、真正面に受け取って質と量を持ったサイト(ホームページやブログ)を作成する。

文章の校正を図って誤字・脱字を避ける。

画像や動画で魅力を放ったり、思わずクリックさせるようなフレーズを考え出したりとか・・・。

とにもかくにも、色々とリサーチしつつ、ライティングの腕も磨くという作業が、苦も無く日々作業できる様にするには、熱意が必要です。

熱意を投入できるコンテンツを選択して、収入の流れに繋がる物件をリサーチする事が大切になって来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました